理研計器(株)から2名がSeawork International 2014で当社ブースにアテンドをしました

ギリシアで開催したPosidonia 2014の訪問の後、当社を訪問しました。

理研計器は、ハッチリーク検知器と板厚計の日本代理店です。

当社はマルチエコー技術を採用し、塗装膜圧に影響されることなく超音波で金属板厚測定を行います。

その作業性は作業性に優れたハンドフリーで海洋環境にも優しい設計です。

また、データーロリング機能搭載、本質安全防爆構造は危険区域で使用することもできます。

ハッチリーク検知器は、ハッチカバーの密閉度のチェックや気密ドアーの漏れチェックも超音波マルチエコー技術で可能にしています。

(左から理研計器()須澤さん、Ms. Jenny Ashdown, 理研計器()佐藤さん)

 

理研計器()の須澤さんと佐藤さんが、当社訪問の際、初夏晴天の下でMr. David社長が企画したガーデンバーベキューランチを社員全員と楽しみました。

(左から理研計器()佐藤さん、Mr. David Crosthwaite-Eyre, 理研計器()須澤さん)